久しぶりに愛読書を読む

私は昨年偶然書店で見つけて購入した愛読書があります。

内容は人生指南のようなものです。
人生のいろいろな場面において、つまづいた時や苦しい時にその本を開きます。

今年の冬から春にかけては、かなり愛読していました。
そのころは本当に辛い日々が続いていました。
この本にもずいぶんと助けられました。

辛い時期も、考え方を変えれば、波風を最小限にして乗り越えられます。
そんなことをたっぷりとその本では教えてくれています。

人生もその人の考え方、捉え方次第だということですね。
頑張らない、何もしない、こだわらない、などは、どんな時も必要な心構えだと思っています。

この本はいかに本当の自分になり、自分らしく生きていけるかが、人生で大切だということを教えてくれました。

Comments are closed.